テントサウナはインフィニティチェアで外気浴!大人気の秘訣をご紹介!【体浮きます】

ベンチ・椅子

インフィニティチェアがテントサウナ用に欲しいんだけど!

どうも、テントサウナに狂っているトンです。

人をダメにする伝説の椅子。インフィニティチェア。

キャンパーやサウナ―であれば、誰もが一度は憧れる夢の椅子ですよね(^^)/

しかし、いざ買おうにも値段も意外とするし似たような商品がアマゾンにもあるしそっちでも、、

こんな風にあなたも考えているはず。

しかし、結論から言うと、代替品では味わえないインフィニティチェアならではのトトノイがあるのは確かです!

ということで今回は、テントサウナの外気浴で定番のインフィニティチェアの人気の秘密を私トンが実際にレビューしながら解説していきます!

この記事の内容
  • インフィニティチェアの特徴とスペック
  • インフィニティチェアのサイズ感
  • インフィニティチェアの代替品との比較

インフィニティチェアの特徴

まずはインフィニティチェアの特徴を以下にまとめました。

  • 座り心地・安定感抜群の素材
  • スライド式で調節容易な枕
  • 安心・簡単のレバー式リクライニング

座り心地・安定感抜群の素材

まずはインフィニティチェアの魅力である、座り心地。

インフィニティチェア素材

結構下が透けているのがわかりますか?

実はインフィニティチェアはメッシュ素材なんです!

しかし、丈夫で良質なメッシュ素材を使っているので肌触りも非常に良く安心して横になれます!

私トンの汗を何度吸収してきたかわかりませんが、全くカビ等は発生していません(‘ω’)

メッシュ素材で通気性が抜群なんですね(^^)/

インフィニティチェア紐

土台とシートを結んでいる紐も非常に丈夫にできています。

インフィニティチェア二重紐

一番体重のかかるお尻をのせる部分は、紐が更に二重になっているので安定感抜群です!

耐荷重100kg、座面幅は46cmあるので、平均的な日本人の体型なら全く問題ありませんよ(^^)/

スライド式で調節容易な枕

インフィニティチェアの枕は素材はもちろんふかふかで気持良いですが、それ以上に注目したいのがスライド式で調節が容易な点。

インフィニティチェア枕

この金具がスライドを容易にしている秘訣です。

インフィニティチェア枕上部スライド

一番上に持っていくとこの辺までスライドします。

インフィニティチェア枕下部スライド

一番下までいくとここまでスライド可能です!

枕を腰にあてられるので、腰痛もちの人にも嬉しい設計になっています(^^)/

安心・簡単のレバー式リクライニング

インフィニティチェアのリクライニングの調整は、レバー式になっています。

インフィニティチェアリクライニングレバー

レバーを倒して固定するだけで、好きな角度に調節できます。

安定感も抜群ですね!

固定しないで体重移動だけでリクライニングもできる(やや力必要)優れものです!

インフィニティチェアのサイズ感と重量

次は、インフィニティチチェアのサイズ感と重量について解説します。

自宅での収納や車への積載性などは非常に気になるところですよね。

サイズ感と重量を以下に簡単にまとめました。

  • 通常時:約92×69×110(h)cm
  • リクライニング最大時:約166×69×76(h)cm
  • 収納時:約15×69×90(h)cm
  • 重量:約8.8kg

通常時のサイズ感

インフィニティチェアサイズ感

このくらいの角度であれば、少しのスペースがあれば置けるコンパクトっぷりです。

しかし、実際に座ってみると背もたれが垂直気味なので飛行機のエコノミーシートに座らされている気分( ;∀;)

インフィニティチェアの真の力は、この角度ではまず味わえません。

室内で本領発揮するにはもう少し広いスペースが必要そうです。

リクライニング最大時のサイズ感

インフィニティチェアリクライニング

うーんデカい!(笑)

外で使うにはもちろん問題ありませんが、室内で使うならそれなりのスペースがないと厳しいかも( ;∀;)

自宅の踊り場で使ってみましたが、いっぱいいっぱいでした(笑)

収納時のサイズ感

インフィニティチェア収納時

めっちゃコンパクトです!

これなら自宅での収納にも困らず、車への積載も寝かせて入れれば容易ですね(^^)/

インフィニティチェア厚み

重量は意外とある

重量は8.8kgと意外と重いです。

他のメーカーが出しているインフィニティチェアの類似品と比べると3kg前後重いです。

なぜ類似品に比べて重いのかというと、土台に丈夫な金属を使っているため。

安いインフィニティチェアの類似品を見てみると、土台が全部プラスチックや樹脂なんですよね。

この重さは丈夫さの裏返しという風に考えると、全然許容できるポイントかなと私トンは思います!

インフィニティチェアと代替品の比較

実際インフィニティチェアは10,000円以上するので、椅子1つに大金はかけられないという声も多いはず。

実は私トンも、インフィニティチェア以外に使っている安い類似品をもっています!

今はもっぱら家族用のトトノイ椅子になっていますが(笑)

こちらの記事で、インフィニティチェアにそっくりな激安椅子2種類のレビューも書いています。

実際インフィニティチェアに劣る点はありながらも、ここはインフィニティチェアより良い!!と思った部分もたくさんあったのが本音。

コスパ重視の方は、是非参考にしてくださいね(^^)/

インフィニティチェアを買ってテントサウナのトトノイをMAXに

今回のインフィニティチェアの紹介についてまとめです。

  • 快適な座り心地で通気性の良いメッシュ素材の座面
  • 頭から腰まで動かせる可動域の広いスライド式枕
  • 体重が最もかかる部分には安心の二重紐使用
  • ワンタッチで簡単に操作できるレバー式リクライニング
  • 収納時は非常にコンパクトで自宅での保管や車への積載も容易
  • 土台には丈夫な金属素材を使用
  • 通常時の角度はスペースはとらないがトトノイ度は低い
  • 最大リクライニング時のトトノイ度は計り知れないがスペースはとる
  • 重量は8.8kgとややあるが丈夫さの裏返しとも言える

結局テントサウナにしろ普通のサウナにしろ、トトノウ瞬間は外気浴の時ですよね。

つまり、外気浴の質を上げることこそがトトノイ道を極めるための第一歩!

あなたもテントサウナの外気浴のお供には、是非インフィニティチェアを使ってトトノイのレベルを挙げちゃいましょう(^^)/

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました